カルメンの国際結婚雑記ブログ

オーストラリアや英語、スペイン語やメキシコの情報を発信しています!

横須賀美術館で三木弘の絵画鑑賞をしてきました


海外ランキング

こんにちは、カルメンです!今回は、横須賀美術館に行って、三木弘の絵画鑑賞をしてきたときのことを書いてみようと思います。良かったです。2019年4月14日までやっていますので是非ご覧になってください。 


海外ランキング

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20190311152155j:plain

三木弘

横須賀美術館で三木弘の絵画鑑賞をしてきました

横須賀美術館の展示室5にて、三木弘の絵画が20点程飾られていました。とても良かったです。

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20190311153417j:plain

バラ

 広い展示室に程よい照明で、落ち着いて絵を楽しむことができました。

 

絵はときに、強いメッセージ性を持ったものもありますが、私が三木弘の絵が好きなのは、何かを訴えるために描かれたものではなく、ただ好きだから描いた、という穏やかさが感じられるからだと思います。

 

三木弘が18才のとき、初めて出品した水彩画が新聞で「後期印象派風」と言って、非常に称賛されたそうです。1918年のことです。三木弘の絵は、緻密とは正反対といえる絵なのに、描いているものを的確に表現しています。そして自由さが感じられるのが見ていて楽しいところでしょうか。

 

ニワトリを描くことが好きだったようで、ニワトリの作品がいくつも美術館に展示されていました。どのニワトリも生き生きと描かれていて見ていて楽しいのですが、描き方が違っています。いろんな技法にチャレンジしていたのでしょう。技法が違っても魂のようなものは同じ気がします。

 

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20190311162155j:plain

横須賀美術館

 

 こちら↓の記事も併せてご覧ください。横須賀美術館の情報などが記載されています。

carmenzakki.hatenablog.com

 

carmenzakki.hatenablog.com

 

横須賀美術館で三木弘の絵画鑑賞をしてきました・まとめ

三木弘は1900年に和歌山で生まれ、1982年に京都で亡くなりました。子供のときに家族とともに朝鮮半島に移住し、1945年の第二次世界大戦終結により、日本に引き揚げてきた激動の時代を生きた画家です。若いときに東京とパリで絵を学んでいます。

 

そんな知られざる詩情の画家・三木弘の絵画は、横須賀美術館にて2019年4月14日まで鑑賞することができます。