カルメンの国際結婚雑記ブログ

オーストラリアや英語、スペイン語やメキシコの情報を発信しています!

三木弘(みきひろむ)絵画展・横須賀美術館で2018年12月から4か月間開催


海外ランキング

こんにちは。カルメンです!今回は三木弘の絵画展についてのご案内です。横須賀美術館で2018年12月から4か月間開催されます。三木弘の生涯についてもご紹介いたします。

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20180809145328j:plain

 

三木弘の絵画展・横須賀で2018年12月から4か月間開催

上の画像が三木弘の絵画です。すごく好きです。生き生きとしていて、元気をもらえる気がします。三木弘の絵には、鶏が多いです。ちなみに私は、生きている鶏は、実を言うと、あまり好きではないのです。だけど、三木弘の鶏の絵は大好きなんです。なんでですかねー。不思議です。

 

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20180809151353p:plain

 上に掲載しているのは、横須賀美術館のパンフレットの内容です。

 

場所:横須賀美術館

〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目

 

会期:

2018年12月22日(土)~2019年4月14日(日)

休館日 1月16日(月)、2月13日(月)、3月2日(月)、4月1日(月)

10時AM~18時PM

 

観覧料:

一般300円、高大生・65歳以上200円、中学生以下無料

 

横須賀美術館への行き方は以下のリンクをご参照ください。

利用・交通案内:横須賀美術館

 

三木弘の生涯

この鶏を描いた画家はどんな人なのかな?と思った方のために、三木弘の生涯について下に記しておきます。

 

1900年5月8日  和歌山県岩出に生まれる。父は熊之助、母はかつえ。実家は金時屋という宿屋(参勤交代の一の陣で本陣)を営んでいた。

 

1906年     韓国に移る。(伊藤博文と親交のあった熊之助は慰留民団議員として活動。栄町に総合病院を建て経営。家は明水台に桃の山を買い、その一部に建設し、桃仙閣と命名)

 

1918年     洋画同志会に出展。京城日報で賞讃される。

 

1920年     来青閣(京城日報の二階)で初個展。東上する。太平洋画研究所に学ぶ(師は中村不折、岡精一)。

 

1922年     本郷洋画研究所に学ぶ(師は岡田三郎助)。中央美術展入選。

 

1923年     樺太新聞社で個展。関東大震災が起こり、韓国・京城に戻る。

 

1924年     「日鮮洋画会」を結成(三木弘、高木背水、野宇健、高木章、小川七五三二)。第一回展。

 

1926年     「馬頭路洋画会」第一回展(三木弘、村上美里)。フランスに留学し、アカデミー・ランソンに学ぶ(師はビッシェール・ロッシュ)。

 

1927年     京城に戻る。(来青閣にて、三木弘渡欧後援音楽界あり)

 

1928年     明治町に移る。個展(美術倶楽部)。滞欧作品頒布画会を組織する。三木弘滞欧作品展(丁子屋)。

 

1929年     個展(丁子屋)。

 

1930年     「京城洋画研究所」を開く。

 

1931年     個展(丁子屋)。三木弘主催「帝展京都陶芸家美術陶器展」(丁子屋)。

 

1932年     個展(平壌にて)。三木弘他15名の画家から山田新一氏への抗議文が「朝鮮日々」に抗議決議記事として掲載。明水台に移る(168坪、ドイツ風のヒュッテを取り入れた家)。

 

1933年     第12回朝鮮美術展覧会にて昌徳宮賜賞。

 

1934年     洋画展(三越)。

 

1935年     第14回朝鮮美術展覧会において推薦作家となる。個展(釜日会館)釜山。

 

1936年     個展(総督府図書館ホール)。八景八勝画展(三越)三木弘、村上美里、山田新一、加藤松林人、宇野、逸雲、松田正雄、遠田運雄、堅山坦。

 

1937年     三木弘染色美術個展(鐘紡サービスステーション)。型成美術協会結成(三木弘、戸張幸雄、加納辰夫、猪川克己、村上美里、佐藤九二)創立展(三越)。

 

1938年     第17回朝鮮美術展覧会において参与となる。個展(三中井)。

 

1939年     第18回朝鮮美術展覧会(参与)。

 

1940年     第19回朝鮮美術展覧会(参与)。

 

1941年     第20回朝鮮美術展覧会(参与)。京城美術家協会(のちの朝鮮美術家協会)を結成(三木弘、山田新一、日吉守、堅山坦、江口敬四郎、遠田運雄、戸張幸雄、五十嵐三次、濱口良光、大橋寛、浅川伯教)。

 

1942年     第21回朝鮮美術展覧会(参与)。第1回半島銃後美術展。朝鮮南画連盟結成会員展(丁子屋)三木弘、堅山坦が参加。

 

1943年     第22回朝鮮美術展覧会(参与)。

 

1944年     第23回朝鮮美術展覧会(参与)。決戦美術展(審査員)。

 

1945年     終戦。引き揚げ後、京都に住む。

 

1946年     都新聞社に美術記者の職を得、制作を再開する。

 

1947年     自由美術家協会の会員として、制作活動する。

 

1954年     都新聞社を退職。「汎美術」を発刊する。第1号は2月10日に発行。

 

1961年     自由美術家協会を退会。無所属となる。

 

1967年     3月、東京の銀座資生堂にて個展。6月、自宅より出火、作品を消失するも、山口家で再制作。ロック・フェラー財団招待による、アメリカでの個展を行う。11月病に伏す。

 

1974年     「思い出の朝鮮半島からー民族とは何かー」を誌す。

 

1982年     死去。

 

2015年     「日韓近代美術家のまなざし」に作品展示。

 

まとめ

三木弘のお弟子さんである、画家の原みる様より、三木弘の作品が日本の美術界において忘れ去られないよう、インターネットによって世に広めるようお願いされました。私には、三木弘の作品を世に広められるだけの力がありませんが、もし、ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ブックマークなど、拡散にお力添えいただけますととてもうれしく思います。

 

とてもいい作品ですので、良かったら、横須賀まで足を運んで見に行っていただけましたら大変うれしいです。

 

ありがとうございます(^^)

 

 


備忘録・雑記ランキング