カルメンの国際結婚雑記ブログ

オーストラリアや英語、スペイン語やメキシコの情報を発信しています!

コロナウイルスによるオーストラリアのクイーンズランド州での状況


海外ランキング

こんにちは。カルメンです!コロナウィルスによるオーストラリア、特に私が住んでいるクイーンズランド州ブリスベンゴールドコーストケアンズがある州です)の状況について書き留めておこうと思います。 随時アップデートしていきます。


海外ランキング

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20200407210205j:plain

クイーンズランド州での新型コロナウィルス感染者推移

コロナウィルスによるオーストラリアのクイーンズランド州での状況

上の画像のグラフは2020年3月23日から4月5日までの2週間(fortnight)のものです。下の折れ線グラフが新しい感染者数で、3月23日に60人で、4月5日は9人となっています。

 

上の折れ線グラフが感染者総数で、3月23日に319人だったものが4月5日にはクイーンズランド州で907人になっています。オーストラリア全土では5千人以上います。

 

3月23日にクイーンズランド州知事からの発表で26日零時から他州からクィーンズランド州に入る場合は検疫の規制措置(14日間自宅隔離)がとられるとのことで、NSW州のシドニーで下宿して大学に行っていた娘を迎えに、私の旦那さんは24日に出発、往復2,000kmの距離を車で走って25日の夜に帰ってきました。

 

3月24日には日本領事館からワーキングホリデーで滞在している方たちへ、日本への帰国を促すメッセージが発せられていました。この日、オーストラリアのモリソン首相からの発表があり、レストラン、ジムなどの施設の閉鎖に加え、図書館や博物館、美術館、遊園地などの閉鎖、結婚式は5人以下、葬儀は10人以下等が言い渡されました。

 

オーストラリア人及びオーストラリア永住者(日本人含む)の海外渡航も禁止されました。

 

3月26日、個人所得支援、家計支援手当、退職金早期引き出しについての発表がありました。

 

3月28日の夜中から、オーストラリア国外からオーストラリアに入国する人はホテル等の施設に直接空港から移送され、14日間の自己隔離が義務付られることになりました。

 

3月29日、オーストラリア首相からの発表で、必要不可欠な通勤、通学、買い物、医者に行くなど以外は自宅にいることを要請されました。また、家族以外との集会は自分ともう一人のみとすること、70歳以上及び既存症のある60歳以上の人は自宅隔離されることも強く要請されました。

 

このころ、航空便のキャンセルが相次ぎ、日本へ帰国できなくなったり、査証の期限も迫ってきていて困ってしまっている方たちが多くいらしたようです。大丈夫だったでしょうか?査証の延長手続きはできたでしょうか?

 

4月1日から緊急でない手術が一時停止となりました。

 

4月3日零時より、クイーンズランド居住者以外の人がクイーンズランド州に入ることができなくなりました(例外あり)。

 

現時点で全日空シドニー羽田線が唯一のオーストラリアー日本間の直行便です。4月13日までは週7日運航、その後は16日、18日、20日、23日、25日運航です。その後は現時点で発表されていないので公式サイトをご覧ください↓(2020年4月16日追記:5月16日シドニー発の便まで、月曜日、木曜日、土曜日の運航が継続される旨の発表がありました)

 

(5月19日追記:唯一のオーストラリアー日本間の直行便、シドニー羽田線の週3回の運航は6月15日まで継続されることになりました)

(6月7日追記:全日空の唯一のオーストラリアー日本間の直行便、シドニー羽田線の週3回の運航は6月29日まで継続されます)

 

(2020年6月21日追記:全日空の唯一のオーストラリアー日本間の直行便、シドニー羽田線の週3回の運航は8月1日(土)まで継続されます)

https://www.ana.co.jp/group/pr/

 

4月4日、政府からの発表で、オーストラリアに滞在する短期滞在者は政府からの経済支援の対象外であること、今後6か月に渡って生活を支えることができない人は帰国することを強く推奨することなどの発表がありました。

 

4月6日、クイーンズランド州国際教育担当大臣からの発表で、海外からの留学生をサポートするための無料のオンライン・カウンセリングがあるとのことです。

 

今現在、私の長女はクイーンズランド州の自宅からオンラインでシドニーの大学のレクチャーを受けており、テストもオンラインであるようです。

 

次女は高校3年の受験生ですが、今は2週間の秋休みに入ったところです。学期末最後の週はオンラインで授業を受けており、フルートの個人レッスンもオンラインで受けていました。

 

1.5mのソーシャル・ディスタンシングはだいぶ普及しているのではないかと思います。

 

マスクは日本のようにはこちらでは使っていないです。使っている方もいらっしゃいますが。まあ、こんな状況です。日本に帰りたくて帰れないでいる方がいるのではないかと心配です。

 

2020年5月2日から、オーストラリアのクイーンズランド州では、外出制限が一部解除されました。これは、新型コロナウイルスの感染速度が抑制されてきているからです。自宅から50kmの範囲内で、ピクニックや国立公園への訪問、レジャーとしてのドライブなどができるようになりました。

 

2020年5月19日追記:5月8日に規制緩和の3段階のロードマップが発表され、今現在ステージ1で、公共の場で10人までの集会が許されるなど状況が落ち着いてきています。

 

6月7日追記:6月2日から、日本への速達以外のすべての郵便の受付が一時停止されています。DHLなどの民間輸送会社は日本向けの宅配サービスを行っています。また、日本からオーストラリアへの郵便は、船便以外、取扱いが停止されています。

 

2020年6月21日追記:モリソン首相が19日の会見で明らかにしたことによれば、特定の国から、官民問わず、様々な機関にサイバー攻撃が増加しているとのことです。コロナと関係していると思われるので追記いたしました。

 

普通小包は再開されています。

 

2020年7月9日追記:クイーンズランド州ビクトリア州との州境を閉鎖しています。

クイーンズランド州では、100人までの友人及び家族との私的で非営利目的の集会などが規制緩和の対象になっています。

 

またアップデートいたします。