カルメンの国際結婚雑記ブログ

オーストラリアや英語、スペイン語やメキシコの情報を発信しています!

タコス・デ・アランブレのレシピ。フライパン一つでできる!


海外ランキング

こんにちは、カルメンです!タコス・デ・アランブレって知ってますか?今回はメキシコ料理のレシピのご紹介です。フライパン一つでできるし、超簡単で早くできるし、間違いなくおいしくできる。ボリュームあるから若い人には特におススメ。


海外ランキング

 

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20190915140746j:plain


タコス・デ・アランブレって何?

タコス・デ・アランブレってメキシコ料理の一つです。スペイン語では「Tacos de alambre」って書きます。タコスっていうのはメキシコの主食、トルティーヤ(または、トルティージャと言ってもいいです)におかずを包んだもののことを言います。

 

 

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20190915141816j:plain

↑こんな感じのものですね。スペインのオムレツみたいなもののこともトルティージャと言うようですけれど、それとは別物です。トルティーヤの作り方はこちらの記事をご覧ください↓

 

 

carmenzakki.hatenablog.com

 

ちなみに、複数だからタコスと言うのであって、一つだけの場合は「タコ」と言います。

 

それで今回、私はミニ・トルティーヤを自分で作りましたが、日本でもトルティーヤ、できたのを売ってると思いますのでそれ買って使うと簡単です。なければタコスにはならないけど、パンでもいいからおかずの方、是非作ってみてください。

 

で、前置きが長くなりましたが、「タコス・デ・アランブレ」のおかずの方の話です。アランブレ(alambre)って針金っていう意味ですが、要するに網焼きとか串焼きで使う材料を使ってます。フライパン一つでできるので作ってみてください!

 

タコス・デ・アランブレのおかずの方の材料

分量とか、本当に自分の好みでいいと思いますが、一応目安で書いておきます。

 

3人分

 

  • 炒める用の牛肉の細切り  250g

 

  • ベーコン  2枚 細切り

 

  • 小さい玉ねぎ  1つ 薄切り

 

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20190915145405j:plain

chile serrano

チレ・セラーノです。これ、辛かったりするんですよね。でも日本にないですよね。ハラペーニョのチリで代用してもいいんだけど、これもないですよね。チレ・ポブラーノでもいいんだけどそれもないし…だから、ピーマン、使ってください。辛くしたい方は秘密で唐辛子、入れてください。

 

ちなみに私の住んでいるオーストラリアではこのチレ・セラーノ、手に入るのですが、突然思いついて「タコス・デ・アランブレ」を作ろうと思ったので、冷蔵庫にある有り合わせで作りました。

 

つまり、私もchile serrano使ってません。赤いピーマン(red capsicum)があったので、日本のピーマンの4倍くらいの大きさですが、それを細切りにして使いました。あと、緑色が欲しかったので、ズッキーニも1本細切りにして入れました。

 

いいの、いいの。おいしければいいの!

 

それで、辛くないと面白くないので、唐辛子も入れました。ちょっと「アランブレ」の王道からはずれてますが…

 

それから材料の続きです。

 

  • とろけるチーズ  100g 細く切っておく

 

  • レモン汁 少々

 

  • 塩  少々

 

  • コショウ  少々

 

  • 植物油  少々

 

 

タコス・デ・アランブレのおかずの方のレシピ

  1. まず、お肉はレモン汁と塩こしょうをかけて置いておきます。

  2. フライパンに油を入れて、強めの中火でベーコンを4分程炒めます。
    (油が気になる方はここで油を取り除いてください)

  3. さらに牛肉を入れて6分程炒めます。

  4. 玉ねぎと他の野菜も加えてさらに4分程炒めます。

  5. 塩コショウで味付けし、最後にチーズを入れて、チーズがとろけだしたら出来上がりです。温かいうちにお皿に盛っていただいてくださいね。
    温めたトルティーヤは布に包んでテーブルに出してください。そうすると熱が逃げません。

 

タコス・デ・アランブレのレシピ・まとめ

ボリュームがあるのでお腹いっぱいになりやすいし、お皿1枚でいいし、パーティー料理としても重宝します。失敗のしようがないし、子どもも大人も喜ぶメニューなので是非トライしてみてくださいね!