カルメンの国際結婚雑記ブログ

オーストラリアや英語、スペイン語やメキシコの情報を発信しています!

ラ・クンパルシータの歌詞の日本語訳に挑んでみる!凄い意味、さすがタンゴ!


海外ランキング

こんにちは。カルメンです!今回は「ラ・クンパルシータ」の歌詞の日本語訳に挑んでみます!凄い意味、さすがタンゴ!という感じがわかってもらえれば、歌にも力が入ると思います。


海外ランキング

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20190108123448j:plain

ラ・クンパルシータに出てくる女性

ラ・クンパルシータの歌詞の日本語訳に挑んでみる!

ラ・クンパルシータの音楽を聴いてみる(3分)


LA CUMPARSITA Tango's Most Famous Song - YouTube

La Cumparsita(ラ・クンパルシータ)の歌詞

La cumparsa

ラ クンパルサ
de miserias sin fin desfila 

デ ミセリアス シン フィン デスフィラ
en torno de aquel ser enfermo 

エン トルノ デ アケル セール エンフェルモ
que pronto ha de morir de pena, 

ケ プロント ア デ モリール デ ペナ
por eso es que en su lecho 

ポル エソ エス ケ エン ス レチョ
solloza acongojado 

ソジョサ アコンゴハド
recordando el pasado 

レコルダンド エル パサド
que lo hace padecer 

ケ ロ アセ パデセール



Abandonó a su viejita 

アバンドノ ア ス ビエヒータ
que quedó desamparada 

ケ ケド デスアンパラーダ
y loco de pasión, ciego de amor 

イ ロコ デ パシオン シエゴ デ アモール
corrió tras de su amada 

コリオ トラス デ ス アマーダ
que era linda, era hechicera 

ケ エラ リンダ エラ エチセラ
de lujuria era una flor 

デ ルフリア エラ ウナ フロール
que burló su querer 

ケ ブルロ ス ケレール
hasta que se cansó 

アスタ ケ セ カンソ
y por otro lo dejó

イ ポル オトロ ロ デホ

 

 

Hoy ya solo abandonado 

オイ ヤ ソロ アバンドナード
a lo triste de su suerte 

ア ロ トゥリステ デ ス スエルテ
ansioso espera la muerte

アンシオソ エスペラ ラ ムエルテ 
que bien pronto ha de llegar 

ケ ビエン プロント ア デ ジェガール
Y entre la triste frialdad 

イ エントレ ラ トゥリステ フリアルダッ
que lenta invade el corazón 

ケ レンタ インバデ エル コラソン
sintió la cruda sensación 

シンティオ ラ クルーダ センサシオン
de su maldad

デ ス マルダッ

 

ラ・クンパルシータ(仮装行列)の歌詞の日本語訳に挑んでみる!

終わりのないみじめな仮装行列

苦痛でしかない過去を思い出して

寝床でなげき悲しみ泣きじゃくるから

 心の病で今にも死にそうな

病人の代わりに列を作って進む

 

彼は妻を捨てたんだ

その妻は置き去りにされた

狂おしい情熱、愛は盲目

彼は愛人の後を追った

彼女は美しくて魅惑的だった

情欲は花のようだった

 

バカにされ

疲れ果てられ

他の男にのりかえられたと

 

今は捨てられて

自分の運を悲しみ

死ぬことを待つばかり

死はもうすぐそこに

心臓にゆっくりと忍び込む

悲しい冷気の中に

悪事の残酷な感覚を

感じ取った

 

ラ・クンパルシータの歌詞の日本語訳に挑んでみる!まとめ

凄い意味ですねー。さすがタンゴの世界ですね!人生をある程度経験している人が歌って初めて味が出る曲だと思います。

 

ちなみに「ラ・クンパルシータ」または「ラ・クンパルサ」というのはスペイン語になくて、意味がわからなかったので、検索して調べました。イタリア語の「仮装行列」という言葉から来ているということでした。

 

その後に「desfila(列を作って進む)」という言葉が出てくるので「仮装行列」という意味であることはありえるかな、と思いました。

 

作曲家のヘラルド・マトス・ロドリゲスはウルグアイの人ですが、イタリアからの移民も入っているのでイタリア語のかけらが入り込んだのかもしれませんね。