カルメンの国際結婚雑記ブログ

オーストラリアや英語、スペイン語やメキシコの情報を発信しています!

メキシコ文化の死者の日(Día de muertos)の骸骨やパン・デ・ムエルトのお話


海外ランキング

こんにちは。カルメンです!今回は世界無形文化遺産にもなっている、メキシコ文化の死者の日(Día de muertos)について書いておきます。骸骨とかパン・デ・ムエルト(Pan de muerto)のお話とか。

 


海外ランキング

 

 

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20201028154816j:plain

メキシコの死者の日

メキシコ文化の死者の日

メキシコの死者の日っていうのは日本のお盆のようなものです。死者(muertos)が死者の世界から私たち生きている家族の元へ訪れてくれる日です。

 

11月1日が子供の死者の日で、11月2日が大人の死者の日です。

 

ピクサーの映画「Coco(リメンバー・ミー」を見ると、よく雰囲気が伝わってきますので見てない方は良かったら見てみてください。

 

メキシコの家々では死者の日のために祭壇を作ってお供えをします。マリーゴールド(cempasúchilセンパスッチル)の花がたくさん飾られます(トップの画像参照)。

 

マリーゴールドはメキシコ原産の花で、メキシコにスペイン人たちが入る以前からこの花は太陽を表し、霊を黄泉の国へといざなう役割を果たすと言われていたそうです。

 

今でも地域によっては、この花を墓場と家との道中に飾り、花の強い香りが霊が道に迷うのを防ぐようにしているとか。ちなみにマリーゴールド花言葉は「悲しみ」、「変わらぬ愛」だそうです。

 

また、トップの画像の上の方にも見られるような、切り紙(papel picado)も飾られます。この風習もアステカの時代から行われていたと伝えられています。

 

お供えする食べ物はモレ(メキシコのパーティー料理・モレとは?お土産にいいですよ! - カルメンの国際結婚雑記ブログ)だったり、故人が好きだったものをお供えします。

 

それに、砂糖菓子の骸骨!やパン・デ・ムエルト(死者のパン)も。お香も焚きます。

 

メキシコの骸骨

並ぶは、並ぶは、骸骨のオンパレード。

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20201028210741j:plain

メキシコの骸骨

メキシコは「死を笑う国」と言われています。

 

砂糖菓子の頭蓋骨の額に生きている人(家族や友達など)の名前を付けてプレゼントしたりもします。コミカルな形で幸せを願ってのことなので、もしあなたが、あなたの名前がおでこに書かれた頭蓋骨をもらっても、びっくりしないでくださいね。

 

私はメキシコに住んでいるとき、「死を題材にした笑い話を考えて皆の前で言うように」と言われて汗をかいたことがあります。他のメキシコ人たちは次々笑い話を作って発表していったんですよ。私だけでしたね、考えつかなかったの。

 

私が頭悪いからじゃなくて、これ、完全に文化の違いだと思いたいです。私の立つ瀬なかったです。。。

 

こちらは 、かの有名な「La Catrina(ラ カトゥリナ)」です ↓。

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20201028214339j:plain

メキシコの有名な骸骨Catrina

大きなフランス風のソンブレロをかぶっているメキシコの骸骨La Catrina です。この骸骨の意味ですか?人間は、どんなにお金持ちでも貧乏人でも、金髪でも肌の色が浅黒くても、死んでしまえば、みんなおんなじ、骸骨だよ、ということだそうです。

 

パン・デ・ムエルト(死者のパン)

最後にパン・デ・ムエルト(Pan de muerto)のことをどうしても書いておかなければなりません。↓これです。

f:id:KonkatsuSupporterCarmen:20201028215925j:plain

パン・デ・ムエルト(Pan de Muerto)

上についている蛇のようなものは、骨をイメージしたものです。

 

上にまぶしてあるのは砂糖で、要するに菓子パンです。シンプルなものから中にクリームやジャムが入っているものまでいろんな種類がありますが、卵は入っていて、伝統的なものはアニスを入れるようです。

 

私は、メキシコは菓子パン文化だと思うくらい菓子パンはよく食されるので、この一年に一回だけお目見えする死者のパンも、死者の日には欠かせないものだと言えます。

 

メキシコ文化の死者の日・まとめ

死者の日(Día de muertos)は、死者が生きている家族の元へ来てくれる日で、それを歓迎する日です。だから、故人が生前好きだった飲み物や食べ物をお供えして、飾りつけをして、ちゃんと墓地から家まで来れるよう、また、死者の国へ無事帰っていけるよう、マリーゴールドをたくさん配置したりするのです。

 

お祝いです。ご先祖様と一緒に飲み明かしたり、死者のパンなどおいしいものを食べたり。